女性エンジニアの育児と仕事の悩み

エンジニアの採用では近年、男女の偏りがほとんど無くなりつつある。もちろん、初任給に関しても性別の差は無い。しかし、全体的に見ると女性の方が男性よりも年収が少ない傾向にあるようである。一体なぜ、そのようなことになってしまうのか。様々なことが影響していると思われるが、一つの大きな要因として考えられるのは育児だろう。一般的に女性は家庭を持ち、子供が生まれると数年間は現場を離れ、育児に専念することがほとんどである。ここが男女における決定的な差と言える。そして、育児が終わり仕事に復帰したときには元のパフォーマンスを発揮するのは困難となってしまうのだ。なぜなら、エンジニアの世界は移り変わりが非常に激しく、復帰後にそのギャップを埋めるのが極めて難しいからだ。

数年間、現場を離れるとエンジニアの業界は目まぐるしく変化している。なので、現場に復帰したときは仕事の勘を取り戻すだけでなく、ほぼもう一度ゼロから業界知識を勉強し直す必要があるのだ。現に復帰後に仕事についていけず、辞めてしまう人がいるくらいである。このようなことが背景となり、現場で男性よりも遅れを取ってしまい、結果的に年収が上がりにくくなってしまうのだ。最近では結婚をしたときに子供を生まずに仕事を続けるか、子供を生み育児後に復帰するか、という悩みを持つ女性が増えてきているのは、以上のことが少なからず影響していると考えられる。これからは育児と仕事が、より大きなテーマになっていくだろう。
そんな女性エンジニアの悩みについて取り上げているサイトを紹介しておこう>>>『女性エンジニアのキモチ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です