視点を切り替えて専門性を発揮

企業に就職した女性エンジニアにとって悩みとなるのが学んできたITの知識や技術を発揮できるような専門的な仕事に携われる機会が少ないことである。その原因となっているのが男性優位な職場環境であり、職場からいなくなることが懸念されて専門性を発揮する必要がある仕事が与えられない現場が少なくない。それを嘆きながらも耐え続けて確かな地位を獲得することで、専門性の高い仕事を与えられるようになる人もいる。その忍耐力があれば学んできた力を存分に発揮できることにやりがいを感じられるだろう。しかし、現実的にはその忍耐力が続かない場合が多く、成功する女性の多くは視点の切り替えによって成功を勝ち取っている。

その方向性には二つあり、一つはサービスエンジニアとなって顧客対応をすることにやりがいを見出すものである。概して物腰柔らかな女性の方が顧客に喜ばれることが多いのが事実であり、男女の違いを武器にして活躍の場を獲得している。もう一つはフリーエンジニアとなって個人で働くことにより、男女差の影響を受けにくくする方法である。自由に働けることがやりがいとなるのが独立して働く道であり、仕事さえ獲得できれば専門性を発揮する機会が必ず与えられる。その仕事の獲得において幾分男性よりもよくない扱いを受けてしまう場合もあるものの、概して能力さえあれば受け入れてもらえる状況がある。そのため、やりたい仕事を獲得して自由に働けることがやりがいになって仕事を続けられるのである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です